最近よくある欲しい人探しのアプリから、たった2つの成功する条件

お金

貴方はいらないが欲しい人はいるかもしれない・・・

そんな考えから出来たアプリが流行っています。

でも今回の議題はそれではありません。

「欲しい人はどこかにいる」

ということです。


例えば少しきれいな石を貴方は見つけました。

見る人が見れば他愛のない石

でも広いこの世界で、その石を欲しがる人はいるかもしれません。

場合によっては少し高めの値段をつけて少しアピールに気をつけて売ってみる。

「~産の石」

「川の流れで作られた世界に二つと無い石」

「部屋のモーメントとしても最適な大きさの石」

「重しにも飾りにもなるおしゃれな石」

モノの価値というものは、世間の評価もありますが、

個々の価値観が通じ合えば価値が発生します。

人は何に関して対価を支払うのでしょうか。

それは自分が支払う代金に対してそれ以上の価値があると

判断されたときに取引が成立します。

どう価値を与えて、どのように価値を理解してもらうのか。

これによって、その石の価格は上下するのです。

つまり

①どう価値を表現してアピールしますか?

②取引の成立する人を見つけられるのかどうか

この2つがあるだけです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする