お金を投げ入れちゃう心理

%e5%8b%9f%e9%87%91

池にお金がたくさん落ちている状況を見るとどう思いますか?

なんとなくご利益があると思ってしまいます。

大阪の地下街にも水のある通路があるのですが、

当時子供ながらにご利益があるのかな?と思っていました。

水中にお金があるとご利益があるのかも?

誰に教えられたのかわかりませんが、、、、

貴方もそう思っていませんか?

水中にお金がある状態はなんとなく神秘的な感覚を覚えますね。

しかし、場所によってはそれを歓迎されないところもあります。

「お金を投げると幸運が訪れる」

これはなんとなく皆の脳裏に焼き付いていると思います。

実際には、管理者からすると悩みの種であったりします。

お金を投げ入れる行為には、

ある意味投資の心理が訪れていると思われます。

これには、少額でも投資することで、自分に見返りがあるのではないか?

いいことをすると幸福がやってくるのでは?という心理です。

ひとは、自分が中心です。

自分に利益があり、かつその額が見返りに相当する。

もしくは、痛くも痒くもない金額であれば、

確実でなくともある意味投資を行ってみようと考えるものです。

満足感と言うものもあります。

心から募金をする人もいますが、自己の満足感をえるがための

募金、または、人からいい人と思われたいなどの心理から

募金をする人がいることもこれは事実だと思います。

%e5%8b%9f%e9%87%91

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする