氷河期には戸建てよりマンションだなって話

今日も一時雪が降る寒さ。朝と夜には耐え難い寒さの季節がやってきた。

こんな時に感じるのは戸建ては寒いという実感。

マンションにしとけばよかったなぁ

スポンサーリンク

なぜ戸建てはさむいのか


戸建ての寒さは作られている段階を見れば一目瞭然である。

はじめに木造だろうが鉄筋だろうがメインフレームを組み、

外から壁を作っていくが、マンションと比べればやはり

貧弱なのは仕方のない話。

大規模な建物であればこそコンクリート造りは効率がいいし

強度もでる。

戸建てはそこまで強度もいらない。

外壁と内側の間にウールを詰める程度で、非常に寂しい。

戸建ても全室暖かい仕様があるが?


最近もCMでもやっているし、小さなベンダーでは、幾つかのところでやっていた

「循環させて温かい」

というシステム。

でもこれは動力を使い全室に暖かい空気を循環させるのだ。

マンションのようには行かないし、

個人的な電気代も高くなってしまう。

1階で過ごしていて、2階に上がったら寒くて凍えるという

不幸からは開放されるのは羨ましいが、

だったらマンションでいいじゃないかと言いたい。

なぜ氷河期か?


諸説あるものの、氷河期というものは定期的にやってくるようだ。

そのうちやってくる。

氷河期が来る前に火星へ!なんて説もあるくらいだ。

とにもかくにもそんなときに戸建ての人間は間違いなく先に

凍死してしまう。

保温効率が悪い戸建て住みの人々は、

ヒートテックの服の重ね着も虚しく凍えるのみである。

あまりの気温にいろいろな事が起こる。

電力も途絶えがちになるかもしれない。

氷河期の初めの頃ならばまだ日がさすかもしれないから、

ソーラー自家発電を備えた住居の人々は少しは生きながらえるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする