お年玉の金額の平均は?年齢別で考える。

スポンサーリンク

毎年訪れるお年玉


胸躍らせる子供たち、目を輝かせて挨拶にやってくる。

これは私たちも昔経験してきたことですね。

今では逆に渡す立場です(涙)

微妙な心境ですがお年玉について考えてみましょう。

お年玉の金額についてはみな様々ですが、

親戚同士で金額を決めてしまうものもあります。


例)

親戚同士は3000円、おじいちゃんは5000円

この場合は子供の数もそうですが、金額がわかりやすい(親からして)

というものです。

子供もあまり羽目を外さない総額になって結構おすすめです。

高校生までこの金額でも問題ないかも。

ちなみにおこずかいが少ない場合には、子供たちもお年玉で

年間の予算を考えようとしてしまうところがあるので、

あまり高額は考え物ですね。

親戚が少ない場合には


この場合には、1万円もしくは5千円程度がいいのではないでしょうか?

親戚がいなければ、お年玉と何か好きなものを買ってあげることでも

子供は毎年楽しみにできるでしょう。

親になってから思うことは、

「クリスマスとお正月が近すぎる!」

ということでしょうか・・・・・

しかし年に一度のこと。大事にしてあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする