リーダーたる素質と2番手になる素質とは

リーダーは新しきことを始めることができる者のことをいう。

2番手はリーダーについていこうと思い、他者よりも先に

リーダーについてくる者をいう。

リーダーは2番手のものに先入観なく2番手に対して教え、

2番手になるものは3番手、4番手を呼び込む。

一方で、3番手や4番手は2番手がそのリーダーにつくことを見て

いわゆる「安堵」をする。

このグループに入れてもらおうと思う。

それ以降のものたちもこれは大丈夫だと思い

率先してついてくるようになる。

まるで「ついていかないのが恥ずかしい」と思うかのごとく。

つまりリーダーも大事だけれど、2番手が非常に大事ということだ。

2番手がつくかどうか。

皆を先導するのはこの「条件」に尽きる。

いわゆる煽動。

まさに2番手次第。

もちろんリーダーの発想力も必要だ。

貴方はこの煽動の仕組みが理解できるだろうか。

皆を煽動できれば、やがて富を生む。

この仕組は基礎中の基礎である。

ゆめゆめ忘れぬように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする