大リーガー イチローに見た成功の秘訣

イチローは日本と大リーグの合計で安打の本数で大記録を作った。

これは大リーグのみの記録ではないためにアメリカでは正式な記録とはされていないが、その会見でイチローが話した言葉に成功の秘訣を見たのでここに記しておきたい。

「いつも笑われてきた記憶がある」「悔しい気持ち」これらのキーワードを口にするイチローに正直驚いた。これほど成功している人間の言葉とは思えなかった。彼は成功している中でもハングリー精神を忘れることなく日々精進してきていて、今なおその気持ちはゆるぎないものなのだと思った。

自分の生活を思い返してみて、これほどのハングリー精神をもって、いや持ち続けているだろうか、正直に言うと、休みたい、楽したいという気持ちの方が先に出ていて、これほどの情熱というかハングリー精神をもっていない。

また、イチローは以前から「プロ野球をしていて楽しいと思ったことはない」といっている。これもいかに真剣に球技にかけて、己を磨いているかということだろう。またそれを口にすることでイチロー自身を追い込んでいるとも考えられる。

今の自分と比べてみて果たしてどうであろうか、生き方に今一度向き合って考えてみるのも必要かもしれない。

成功したい。幸せになりたい。でもその願望のほかにもこのようなハングリー精神が必要ではないかと、イチローのインタビューを見ていて思ったのだ。

これは忘れてはいけないと思ってブログに書いてみた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする